トピックス

2008.12.28   リフォーム写真 漆喰塗り仕上げ

2008.11.2    リフォーム写真 ビフォアー → アフター

2008.11.1    トピックスはじまりました。

外壁ラスモルタルシステム工法

・ラスモルノンクラック工法
自由度の高い設計に対応シームレスでデザイン性もアップ(防火準耐火認定構造)
・ラスモルUノンクラック通気工法
通気工法により高耐久性モルタル壁を実現!!更に壁体内結露を防止(防火準耐火認定構造)
・ラスモルノンクラック通断防工法
胴縁施工の必要がない通気工法で壁体内結露を防止!!6o厚の通断防シートが優れた断熱性と防水性を発揮
・外張り断熱ノンクラック通気工法
断熱・機密・壁体内通気を兼ね備えた高耐久性外壁 『次世代省エネルギー基準最高等級』

内壁素材シリーズ

・珪藻土(レーヴ・レーヴエコ・ネオナチュール・らくかべてらら)
珪藻土は、藻の一種であるプランクトンが200〜300万年前に堆積して出来たものです。
粒子の中に無数の細孔がある超多孔質構造の効果により、室内の湿度を一定範囲に保ちます。
そのため結露防止を初めとする快適な居住空間を提供いたします。
・じゅらく
じゅらくとは、良質な本聚楽土を使う伝統的な仕上ようの土壁です。
天然土には調湿機能・断熱効果・吸音効果・脱臭効果があり、健康住宅思考にマッチしたものです。
・シラス壁
シラスは、鹿児島をはじめとする九州南部に分布する白色の火山灰や軽石が堆積して出来たもので、極めて細かい粒子と多孔質構造を持つ、純天然素材として生成されたものです。
完全無機質で高温処理されたシラスは劣化・腐食・腐敗しにくいため、常に外気に触れ湿気などの影響を受ける壁材・住環境の使用に極めて適しています。
・漆喰
漆喰とは、石灰石から出来た消石灰に糊やスサを混ぜてペースト状にしたものです。
その歴史は古く世界で使われてきた壁材です。防火性・調湿性・遮音性・遮光性に優れており日本では戦国時代に城に使用され、江戸時代には蔵や神社仏閣に使われていました。

リフォーム・改修工法(サイディングリニューアル工法)