今まで関西での塗り壁(モルタル)のシェアは関東に比べかなり低いものでした。
しかし、近年、「健康」「環境」「自然素材」のブームにより、関西での注文建築での塗り壁(モルタル)のシェアが急激に増え塗り壁の素材を売りにして住宅販売で稼いでいる会社さんが増えています。

関西でもここにブームに目を付けて塗り壁の家の街づくりをする会社さんなども出だし売れ行きも順調と塗り壁(モルタル)の家の人気と売りやすさが証明されるというまでにいたりました。
なぜ、今、塗り壁(モルタル)の人気が関西で上がってきているのでしょうか?
その理由についてここで語って行きたいと思います。




3つの思考変化とは「お客さんの考えが段々変わりつつあると言う事です。
オンリーワン思考 ハウスメーカーの営業マンの方はお気づきだとは思いますが、近頃のお客さんは「他人とは違うものにしたい」という考えが強くなって来ています。 それは住宅の購入に関しても、男性と違い「個性的な家に住みたい」と考える「女性」の家庭内での決裁権が強まり、家のカオである外壁に対する「こだわり」が強くなって来ている事が上げられます。 なぜ個性的な外壁なら、塗り壁(モルタル)の外壁になるのか? それは、塗り壁(モルタル)の外壁は、サイディングよりも、職人の手仕事による風合いに魅力があること、石やタイルなどとコーディネートが可能でより個性的な表現ができるなど、オンリーワンにはピッタリの外壁だからです。
だからこそ、最近は、サイディングリニューアル工法という「サイディング」の外壁の家が「モルタル」にリニューアル事がブームになっているのです。

住宅の購入を考える大きな節目はやはり「結婚」「出産」でしょう。
最近の日本の結婚の平均年齢は、2005年(平成17年) 男性29.8歳  女性28歳  (厚生労働省統計情報部『人口動態統計』より) と明らかに晩婚になって来ています。 当然、出産の平均年齢は結婚の平均年齢より遅くなります。 大体、男も女もこれだけ晩婚になると夫婦共に、ある程度「貯金もあり」「収入もある」事になります。
ハウスメーカーさんの営業担当の方が「塗り壁(モルタル)の外壁は値段が高いから売れにくいかも知れない」と不安に思っている方も多いようですが、ある程度生活に余裕のある世帯では、「少しくらい金額が高くてもずっと住むものだから良いものを買いたい」と考える人が増えて来ています。
そこで、今、一般的に建てられているサイディングと塗り壁(モルタル)の外壁と金額面で比較してみます。 建物の大きさによって金額は変わりますが、仮に、100万円価格に違いがあったとします。 すると35年のローンで換算すればひと月たったの2,380円しか変わらないのです。 後は、塗り壁(モルタル)の外壁がどれだけ良いものかはこちら(外壁のページ)でご確認下さい。

インターネットが普及されても住宅の販売にあまり関係ないと思われるかもしれません。

しかし、今までお客さんが情報を仕入れようと思うと住宅の営業マンの方か本などでしか情報を入手する事が出来ませんでした。 それが今ではインターネットのキーボードを少し叩けばありとあらゆる情報が入手出来ます。
インターネットでのお客さんの情報検索が加わった事により、マーケティングの世界も変わってきています。

昔 (1)注意→(2)興味→(3)欲求→(4)記憶→(5)行動
広告を仕掛ける際にもこの順序に乗っ取って仕掛けていました。

現在 (1)注意→(2)興味→(3)検索→(4)行動→(5)共有
この様に現在では行動(購入)の前に必ず検索が入ってきます。

ではこの検索が入ると関西の塗り壁(モルタル)の売れ行きがどうして変わるのか?
ハウスメーカーさんの営業の方はご存知だと思いますが、関東では関西に比べ塗り壁(モルタル)の家が非常に多いです。 だからなんなのか? 日本のインターネットで検索した際、1番トップに来る情報の約9割が東京から発信されています。 先ほども言いましたが関東ではサイディングのシェアと塗り壁(モルタル)のシェアにあまり代わりがありません。 住宅を購入するお客さんも一生に一度の大きな買い物ですから必死に調べます。 すると必ず塗り壁(モルタル)の情報が目に付くでしょう。

※今までは営業マンや住宅情報誌などでの情報収集の為、塗り壁(モルタル)の情報が入る事はあまりなかった。
その中でお客さんが「外壁は塗り壁(モルタル)にしよう」と考えた時、次に検索するのが「塗り壁(モルタル)+地域」になります。 この結果今の塗り壁(モルタル)のシェアが圧倒的に少ない関西で、塗り壁(モルタル)の住宅を建てているハウスメーカーさんの1人勝ちになる事でしょう。
この様な理由で、ハウスメーカーさんの営業マンの方には、確実に「塗り壁(モルタル)」の住宅は売りやすいとオススメします。


■よくあるご質問

Q・モルタルや塗り壁の素材を使用するとクラックが起きやすいという不安があるのですが、それに対しての解決方法などはあるのでしょうか?

A・モルタルや塗り壁に限らず、どんな素材でもなんのトラブルも一切起こりませんという事は有り得ません。 ハウスメーカーの担当様が良く気になさる「クラック」に関してですが、当社の塗り壁(モルタル)はノンクラック工法を採用しておりクラックが起きにくい事で有名です。 またその象徴的な出来事として、ネットでは実名が掲載出来ませんが、誰でも知っている某有名建築家の方が塗り壁(モルタル)の作品を作る際に、クラックの起きにくい壁という事で当社の材料を使用していただいたという実績があります。

Q・メーカー責任施工とありますが、これはどこまでを責任を持ってくれるのでしょうか?

A・当社が独自に行っているメーカー責任施工に関してですが、当社の工事部が工事を担当したり、当社では工事業界の発展の為に、「建友会」という左官屋さんや塗装屋さんなどの会を作り、工事を請負。 書式で基準を設け、この基準内でのクラックなどを含めた問題が発生した場合は、メーカーが責任を持って対処するというシステムです。 ※詳しい基準等に関しては担当部署がありますのでお問い合わせ下さい。

Q・モデルルームなどの材料提供には協力してもらえるのですか?

A・もちろんモデルルームなどの材料の提供に関してもご協力させていただく準備がございます ※詳しい内容に関しましては担当部署がありますのでご相談下さい。