カーボン・アラミド繊維に比べ、引っ張り強度の強い超高分子ポリエチレン短繊維を使用し、ジョイントクラックを防止。超弾性再乳化粉末アクリルカチオン樹脂により、抜群の長期付着性・柔軟性を有し、断熱材下地の変形及び躯体の動きに追従し、且つ仕上材への緩衝材の役割をする。






日本総合研究所が、住宅リフォームの市場規模が、2004年〜2013念の10年間で金額で12.7%、戸数で9.3%増えるとの試算結果をまとめています。
この伸び率の大半を占めるのが「団塊世代」だそうです。

しかも、残念ながら団塊世代すべての人が対象ではなく、退職金をもらいある程度余裕のある富裕層が中心になって今後の日本のリフォーム市場を支えるようです。

ここで重要なのが「60歳以上のお客様」「富裕層」というキーワードです!

まずリフォームを生業とされている業者さんならご存知のことと思いますが、60歳以上のお客様というのは非常に「和」のテイストを好みます。
そしてある程度の富裕層の方が多いので「金額の大小」よりも、本当に自分にとって価値のあるモノなのかが判断基準になっています。

当社のお取引のあるリフォーム会社さんが言っていた事なのですが、「外壁のリフォームの見積りの依頼が来たから行ってみたら、かなりの和のテイストだったので、どうせなら塗り壁にして外壁だけでなく内壁も変えませんか?」と言った所非常に気に入ってもらい、見積りでは他社さんの方が安かったのにそれが決めてとなり選んでもらえたそうです。

サイディングのリフォームと言えばサイディングという固定概念を崩しさる事で同業他社とも差別化を図る事が可能になります。